ZIPPといえばNSWやFirecrestといった最高峰のカーボンホイールがトップレーサーたちの中で活躍しているカーボンパーツブランドです。そんなブランドから新しい機構をふんだんに取り入れた新ホイールが驚くほどお得な値段で登場しました。

EXTTDO_UYAAzACI
ZIPP 303 S ¥141,800(税抜)
・リムハイト 45mm
・センターロックディスクブレーキ用
・チューブレスレディ対応(フックレスリム)
・重量1540g
・スポーク SAPIM CX SPRINT
WH_303S_DB_TL_R_side.png.1710x0_q80


フックレスリムを採用することで先代の302から約150gの軽量化をはたし、乗り心地やグリップ力が劇的に向上しているそう。さらに価格は5万円以上値下げと全方面において大きく評価が上がりました。(価格についてはフックレスの生産効率の高さによるものらしく単なる値下げ戦略ではない様子)



303S3.jpg.1710x0_q80
ロゴも一新されどんなバイクにも似合うスマートさを備えました。

303S4.jpg.1710x0_q80
カーボンホイールは脆いというイメージはもはや過去のもの。ZIPPは厳しい凹凸のある路面でもどんどん取り入れていくことを推奨しています。

EXTTDPAVcAAlYXX
リム内幅は23mmでタイヤ幅28Cを組み合わせた時がスピードにおいては最速となる設計だそう。ただ懐は深く、グラベル使用も見越して最大50Cの太いタイヤまで装着可能になっています。幅広のリムとフックレスの採用で快適性は過去最高レベルに仕上がっているのは間違いありません。

303Spressuretable.jpeg.1710x0_q80
驚くべきは推奨される空気圧です。
28Cのタイヤを使用する場合、132lbs(約60kg)のライダーで約3.8-3.9bar。もはやMTBのような空気圧で舗装路を速く走れるというのだから早く試してみたいものです。

303S6.jpg.1710x0_q80
ディスク用、チューブレス推奨と縛りはあるものの全方面に大きく進化を遂げて注目すべきホイールとなった303S。入荷は予想以上に早くもう間も無くです(5月中旬〜下旬)。ただいまご予約を承っておりますので、特別定額給付金の申請と併せてぜひお早めに。

______________
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 

【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:毎週水曜日