注目の新興ホイールブランドONEAER(ワンエア)が入荷してきました!
展示会で目に止まって即注文を入れていたもののいま世間を賑わす何やらの影響で随分遅れてしまいましたが、ようやく手元に届きました。 

DSC05789aa
 
ONEAER
DX3(38mmハイト)

価格        ¥218,000(税別)
重量        1,295g  → 1,320g → 1,292g
※本国サイトの公称重量が何度か変化しています。いまのところ全て実測で1,290g台に収まっているので1,292gが正解だろうと思います。

DX5(50mmハイト)
価格        ¥218,000(税別)
重量        1,370g

スポーク SAPIM CX-RAY
ハブ      DT SWISS 240S 
(リムモデルも用意あり)

1,300gを切る超軽量なチューブレスレディ対応のディスク用カーボンクリンチャーがついに出てきました。既存の他ブランドと比較してみると

Campagnolo  Bora WTO DB(33mmハイト)  1,485g  ¥295,000
ZIPP  202 FIRECREST DB(32mmハイト)  1,530g  ¥301,500
DT SWISS PRC 1400 db(35mmハイト) 1,444g    ¥325,300

と数字で見える部分には大きな差が見られます。特にハブが同じ240S(24H)なDT SWISSには圧倒的アドバンテージが感じられるのではないでしょうか。
DSC05792
軽さの秘密はこのリム。塗装ではなくカーボンの仕上げで質感を出し、ロゴやグラフィックはレーザーエッチングで施しています。金型をいちから作り出し、どこにも負けないクオリティに仕上げたリムが売りのブランドだそうです。そのリムの剛性はかなり高めで負荷をかけてもしっかり受け止めてくれました。

DSC05802

DSC05805
リムは内幅20.1mm。25cから35Cまでのタイヤ幅が装着可能です。

DSC05611
DT SWISSの240S。手組みのホイールが好きな方ならご存知だと思いますが、このハブ単体でも結構いいお値段がします。それでも使われるくらいの安定性と信頼感。

DSC05617
DT SWISSのハブなのでラチェットのアップグレードやSRAM XDRボディへの交換など細かなカスタマイズにも対応します。スペアが手に入りやすくメンテナンス性が高いのも評価したいところです。

DSC05616
チューブレスレディに対応したリムには後に単体販売もされるチューブレス 用リムテープがセット済み

DSC05620
シーラントとチューブレスバルブも付属してきます。

DSC05618
実戦的なホイールながら見た目にも美しい。同じ見た目でリムブレーキ用も用意されています。

D3_FR-scaled
また下のグレードとしてD3,D5も用意されています。価格は158,000円とアルミとあまり変わらない価格帯に。

でも安くて無名のブランドなんていくつでもあるよね?と思われた方へ…

2717008059579_1
ただの新興ブランドと侮ることなかれ。このブランドを立ち上げたのは数々のブランドのホイールを手がけたAndy Lee氏(最近ではBH EVOなど)。業界での信頼は厚く、ブランド立ち上げ直後にCervelo S3 SRAM Force AXS完成車のホイールに採用されています(すでに現行モデルで流通中)。そんなことある?!って思いましたがあるようです。

ホイールのプロフェッショナルが満を辞して立ち上げたONEAER。ぜひご注目ください。
______________
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 

【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:毎週水曜日