はい、また長野にいます。

C47491D3-CAA8-479A-81DC-FDC1FC6471AA
今回は久しぶりのソロツーリング。いつもどおりルートはろくに決めず、カメラ担いで気楽に走ります。GARMINの示す方角を頼りにだいたい東の方へ。


DSC02056
上諏訪から少し登れば有名な立石公園に着きました。
諏訪湖は全国的に見ても花火に力を入れている場所で夏の風物詩「諏訪湖祭湖上花火大会」、9月には花火師が斬新で独創的な花火を披露する「全国新作花火競技大会」が実施されています。さらに7/21-8/25の期間は「サマーナイト花火」と称して35日間毎日花火が打ち上げられているんです。ほんとは夏に来てそれをこの場所から見たかったんですが、今年も台風に阻まれてしまいました。
打ち上げ花火横からみるか、は来年またきっと!

B64E562D-4AC8-47FF-91B3-5E1CB04A2D43
この日は見事な快晴で湖の向こう岸まではっきり見渡せます。秋風にゆられるコスモスと諏訪湖のパノラマを眺めているだけであっという間に時間が過ぎてしまいました。後からよく考えたら、この日は景色に夢中になりすぎてコンビニのおにぎり2個とカロリーメイトしか食べなかったんですよね。あぶないあぶない。


01FD1507-CE89-4883-ABCD-081CA10CCE6E
公園を出てさらに道なりに進むと霧ヶ峰高原方面へ向かうことになります。そこには湖と雑木林に囲まれた典型的な「高原ツーリング」の道が待っていました。

C94A390C-46DA-4500-A86E-337AB63F552C
平日ということもあってか交通量はほぼ無し。のんびり景色を楽しみながら走っていきます。

E6A60192-6DF7-4AB3-B54A-12ABE0BF891A

03884F86-0A24-46E3-BC7E-6CF1B6B90334
ほどなく霧ヶ峰高原に到着しました。

EAC1746E-9BC1-4222-8648-3014A436BEC7
間も無く迎えるスキーシーズンに向けて少しずつ準備が進められているようです。

C0B728AD-5F0B-4776-93D6-876B82D55F6F
少し走れば、美ヶ原と霧ヶ峰を結ぶビーナスラインが合流する三叉路へ。
冬季休業を終えてもそのまま再開することのなかった名所「霧の駅」が静かに佇んでいました。後継業者の目処が立たず、しばらく再開は難しい様子。周辺店舗は引き続き営業していますが、こちらは霧ヶ峰観光の中心部なのでぜひまた盛り上がって欲しいところです。

02651F9A-8EAC-4248-9267-45E38689056D
霧ヶ峰高原はすっかり秋モード。緑に溢れた真夏の景色が1番好きですが、ススキがゆれるこの時期も悪くないです。

460F4F17-0445-401C-A7DA-6032A1D35619

E7A6F328-A337-4109-BF4D-B6219D3709DF
標高1,700m越えの高原地帯を縫うように走るビーナスラインは最高のツーリングルートの1つです。自転車で走るのも楽しい場所ですので未体験の方はぜひ。

593E6A70-575A-452B-8097-140D500C8529
展望台では雲から頭を出す富士山が…見える!!


E3FD800E-F467-4579-85D1-692C8A1B9882
この日は残念ながらサイクリストには1人も会いませんでしたが、数多くのバイカーがツーリングを楽しんでいました。twitterを覗いてみるも…そうだよね、みんな紅葉の乗鞍いってるよね。

7BF14F3D-286D-4C59-BEB1-AFA6BF191E26
さらに進んで車山高原へ。今回はひとり旅なのでちょっと寄り道をすることにしました。

CB66E04B-DD81-45D5-9148-66D39C4F530E
車山高原スキー場に自転車を止めてリフトで山頂からの景色を見てみようと思います。

7B1A105D-9284-40A6-9060-39B139CCDDE9

FF7A84EA-71EE-4B53-9A55-79C4D923216D
リフトを降りればそこは標高1,925mの霧ヶ峰最高峰の場所。息を呑むようなパノラマが目の前に広がっていました。

DSC02229
ぼっちの限界を感じる…。

FD5D695E-4349-4C12-AE4B-242D6852D93A
八ヶ岳連峰とアルプスの山々が一望できます。カメラの力不足で伝えきれませんが、この圧倒的非日常感に支配された眺望はこの旅で1番心打たれた場所でした。

2FA0282E-D8E2-4D93-81FC-EAB407B242D9
天空の社こと車山神社を参拝して下山します。ずいぶん時間が押してきた…

02651F9A-8EAC-4248-9267-45E38689056D
宿はまだまだ先。暗くなる前にもう少し頑張らないといけません。

4EE16DB2-54B0-477C-9380-A7F99BFF29E8

6FA1B8DE-06B2-411E-9787-92F1C301EC17
古き良き「湖畔のリゾート地」を体現し続ける白樺湖が見えてきました。本当ならゆっくり回りたかったところですが、今回は時間の都合で仕方なく通過…ツーリングをゆっくり楽しむのに必要なのは走力、と誰かが言っていたの思い出しました。

54E1979C-D382-4DD0-A85F-93C046A4F741

ABBA2B31-6870-4670-A240-983DFE8C7871
大門峠を一気に降って八ヶ岳エコーラインに入ります。「エコーライン」というと山岳を想像してしまいそうですが、こちらはど平坦の広域農道でした。

EA69E31E-7877-4194-AD11-721C15FCD9F8
先ほどまでの起伏に富んだ道とはうって変わり見渡す限り広がるなだらかな農耕地帯

8FFC9F16-89AB-4DC1-8BE3-EA02E0A7DDFA
雲一つないので八ヶ岳が裾野までくっきりと見えます。

5440C942-3FB4-4CFA-A128-6378AC9EE68A
台風前に稲の刈り取りは完了!でしょうか。風で穂が倒れてしまうと稲刈りはほんとに大変になるんですよね(体験談)

4834C31C-0DE1-47A9-B42F-7BA473FF9C88
さらに進んで八ヶ岳高原ラインへ。道の脇には枯れてなお大きく形を残す紫陽花が並んでいます。開花シーズンに来ればさぞ美しい光景が見られるのでしょう。

B0F5CDB4-AB9E-468C-B92D-F966B66BB08C

2E2FA351-CF1B-4378-9491-A4B61D029319
道端にはこんなに粋な街灯が並んでいました。

2EDAA22F-A3A5-43DD-87A7-B9F790CEE0E4
野辺山から眺める八ヶ岳。ラファの本拠地でもあるので野辺山シクロクロスなどサイクリストには馴染みの深い場所かもしれません。ようやく宿のある辺りへたどり着きました。残念ですが、台風がきてしまったので今回のツーリングはここまでです。

DSC02173
山の麓でも少しずつ紅葉が始まっています。秋の長野を楽しむならちょうどこれからですね!短いけれど最高に楽しいシーズンを満喫しましょう。


-オマケ-
DSC02175
せっかく山梨まできたので夕ご飯は土地のもので

DSC02181
山菜たっぷりのほうとうを頂いて今回のツーリングは終了です。

84F4792B-C672-4378-A70D-88ADA7299363
その後、関東からきた自転車&趣味仲間と合流してふたたび車で美ヶ原へ

6EA5FE7A-56A8-4E6C-95C5-CE1B4944F5D8
満点の星空を撮影する、というもう1つの目的にチャレンジしましたが…
ほぼ満月状態の月が明る過ぎて星の光をかき消すほど。あまりはっきりと見えず写りもいまいち、と不本意な結果に終わりました。これもまた再チャレンジしたいところです。




______________
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 

【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:毎週水曜日