10/21(日)和歌山にて開催されたライドオンすさみ2018というイベントに参加してきました。
といっても今回は参加者としてではなくサポートライダーとして主催者サイドのお手伝いです。裏方からの目線になりますので、あまりじっくり写真を撮れていませんが、とても素晴らしいイベントだったので知ってもらいたいと思い記事にすることにしました。

IMG_9844
こちらが今回オファーをくださった室井輪業の室井さん。和歌山でもっとも優れたメカニックのひとりで、店舗の運営以外にも今回のようにイベントの企画やサポートスタッフとしても積極的に活動されています。

さて、前置きはこの辺にしてここから本編へ。


IMG_9834
当日受付は朝の5時から。この日は特に冷え込みが強く、しっかりと着込んでいないとじっと立ってられないほどです。しかし、ふと空を見上げるとそこには満天の星。ちょっとした展望台なんか目じゃないくらいの規模です。これをゆっくり見られるだけでも前日入りする価値があるなと思えるほどでした。
我々サポートライダーは出欠確認をかねた受付を済ませてミーティングへ。

IMG_9840
ライドオンすさみのここがスゴイ!
①移動メカニックがいる


メカニック(室井さん)がバイクで待機。何かあればすぐに駆けつけてメカトラに対応してくれます。実際この日、バーストしたタイヤの交換やチェーン切れなどいくつかあった単独ではリカバリーの難しい案件も解決してくれたそうです。

IMG_9841
空が明るんでくるにつれ続々とサイクリストが集まってきました。

IMG_2113
未来からゲスト?も駆けつけたようです。

IMG_9845
開会式がはじまりました。このイベントでは暫定的にグループ分けがされ、それぞれのグループにサポートライダーが2名ずつ帯同します。ルートや時間管理はサポートに任せておけば良いのであまり気にする必要がありません。

PA210925
いよいよスタートの時間です。

IMG_9854
かなりの参加者数なのでグループごとに少しずつずらしてスタートしていきます。

IMG_9853

PA210927



IMG_9884
ライドオンすさみのここがスゴイ!
②スタート直後からずっと絶景

公式サイトで「海・川→山→海」と紹介がありますがまさにその通り。写真に収めきれないくらいの景色が続きます。


PA210937
ライドオンすさみのここがスゴイ!
③エイドが手厚すぎる
各地でファンライドやセンチュリーライドが実施される昨今、エイド自体は珍しいものではないですが、このすさみのエイドは他とは一線を画します。その数・質の高さに驚いてください。後から写真を見返すとほとんど食べ物の写真になっていることでしょう。

PA210936
そんな感じで17km地点付近の第1エイド。いきなり茶粥に梅干し、フィナンシェなどが振る舞われます
15km走っただけで褒めて労ってもらえるんだからサイクリストが幸せになれないわけがない。

IMG_9887
エイドを越えると山エリアへ。ほとんどの難関は序盤に詰まっていますので元気なうちに乗り切ってしまいましょう。

PA210959
少しずつ辛くなってくる長い登りに耐えていると39km地点で第2エイド。この辺りですでにグループはばらけ、各々が脚に合った走り方をし始めています。サポートの僕はというと登りで苦しむ方々に声をかけながら少しでも気持ちを明るく…

IMG_9892
第2エイドで男性陣に人気だった羽二重餅。なぜ人気だったのかは写真で察してください。


IMG_9894
このエイドの目玉はこちらのイノブタフランク。登りで体力を消耗した方にぴったりの…あれ?フランクが見えない…


IMG_9897
気を取り直して再スタート。ここからすぐのところにコース最高地点の大附峠が待ち構えています。

IMG_9899
ラストは10%を越える斜度の九十九折。皆さん苦笑いを浮かべながら自転車をおりて押し出します。まだまだ先の長いイベントなので賢明な判断は大事ですよね。

IMG_9900
ようやく頂上にたどり着いてみんな安堵の表情。自然と連帯感が生まれ熱い言葉が交わされます。
「やりきった。もう帰りたい。

まだ41km地点。100kmほど残ってますぜ。

IMG_9902
ここ以降は先ほどまでが嘘のように下り基調のルートに変わりました。

IMG_9906
ライドオンすさみのここがスゴイ!
④地元住民に愛されている
このイベントの最もすごい部分はこれだと思います。車社会の日本において自転車の立場はお世辞にも居心地の良いものとは言えません。そんな中、すさみでは地元住民の方々が沿道に立って(座って)参加者を応援してくれます。「がんばれー!」「あとちょっと」「そこを越えたら下りだよ!もうひと頑張り」など声をかけながら旗を振り、あるいは手を振りながら笑いかけてくれます。対向車が道を譲ってくれた上に、窓を開けて手を振ってくれた時は本当に驚きました。サイクリストにとってこんな幸せな空間があったでしょうか。


IMG_9907
応援してくれた方々はコース全体100人どころではなかったと思います。

IMG_9909
そうこうしているうちに49km地点で第3エイド。おにぎりに漬物、イノブタうどんにめはり寿し。胃の小さい方にはこの辺りから「食べたいけど食べきれない」という嬉しい悩みが出始めていました。

IMG_9910

IMG_9911
70kmのアドベンチャーコースの方々も加わり活気にあふれるエイド

IMG_9913

PA210996


IMG_9916
エイドに華を添えてくれる、腕章の方々は摂南大学の学生たち。大学がすさみ町の活性化プロジェクトを実施している縁で数々のイベントを手伝ってくれているそう。たくさん元気をいただきました。

IMG_9915
おやつにはきな粉棒をどうぞ。

IMG_9918
ここからは新たに追加された古座川エリアへ。山や河を横目に走りながら、気持ちの良いアップダウンが続くルートです。

IMG_9923

IMG_9927

IMG_9930
さぁ60km地点でまたまたエイド。どうです?このエイド攻め。最高でしょう。

IMG_9932
正直ドラ⚪︎もんさんはゲストの日向さんより人気でした。目立ちすぎ(笑

IMG_9934
古座川は平井の里名物のゆず。さっきはしっかり昼ごはんエイドだったのでここはおやつゾーンといったところでしょうか。ここのゆずジュースが最高に美味しかったので、未体験の方はぜひ買って飲んでみてください。 →古座川平井の里オンラインショップ

IMG_9935

IMG_9936
おや?響コーヒーのマスターとその仲間たちと遭遇。あいかわらずの健脚揃いでした。

IMG_9939
古座川エリアは名所を巡るコースでもあります。次は開会式で「ぜひ見て欲しい」と言われていた一枚岩に向かいます。

IMG_9944


IMG_9951

IMG_9952

IMG_9954
到着!日本最大級の岩盤「古座川の一枚岩」です。参加者のサイズとの比較でそのスケールを感じてください。

IMG_9955
そしてこちらはエイドもかねています。

IMG_9956

IMG_9960

IMG_9959
お姉さんがその場で揚げてくれるジビエコロッケ。これがまた美味いんです!

IMG_9958

IMG_9963

IMG_9964
全行程の半分を越え、そろそろ脚が重くなってきた参加者の疲れを吹き飛ばす沿道の応援。

IMG_9970
速い人たちはすでに折り返し始めた様子。すれ違いざまに挨拶をかわします。

PA211045
和歌山の名勝・天然記念物の滝の拝に到着

PA211046



IMG_9974
このエイドで86km地点。少しずつゴールが近づいてきている実感の湧いてくるころではないでしょうか。最後のスパートをかけるためか、このエイドも食べものが盛りだくさん。

PA211041
ホットドッグ

PA211037-2
カレー 

IMG_9978
ぜんざい(もち入り)

PA211038
ゆるキャラの応援

ここまでしてもらったら諦めるわけにはいかないでしょう。ゴールへ向けてふたたびペダルを回します。

IMG_9989

IMG_9991
そしてすぐに第7エイド。まだまだエイド攻勢は止みません。

IMG_9996
鮎を焼いてくださるこの方がすごく絵になっていました。すごい「職人」感。

IMG_9995


IMG_9992
柿も出てます。ただでは帰さん!という強い思いを感じる。
 
IMG_9993

IMG_9997
ここまでくればウィニングラン。僕ら後方に控えていたサポートライダーはほとんどの参加者に置き去りをくらっていたのでここでスピードアップ!

IMG_9998

IMG_9999
第8エイドではおやつのかりんとう饅頭。

IMG_0001

PA211074

IMG_0002

IMG_0003
ゴールに近づき、大きなトラブルがなくほとんどの参加者にゴールが見えてきたことに安堵する室井さん。


IMG_0005
ライドオンすさみのここがスゴイ!
⑤信号がほとんどない


最後の42合線へ合流する際に赤信号で停止。その時にふと「あれ?今日信号って止まったっけ?」おそらく140kmのコースを走って信号は5つもなかったように思います。それだけノンストップで走れるサイクリストフレンドリーな良い道。イベントでは特に規制等もしていませんので、いつ走っても快適ということ。おいでよすさみ。

IMG_0009
さぁ海エリアに入ればラストスパート。海岸線のアップダウンを乗り越えてゴールを目指せ。

IMG_0012

IMG_0016

IMG_0022

IMG_0026
そしてついに道の駅すさみでラストエイド。まだ寿司やもちが出てくるぜ!これは地元のおもてなし魂と己の胃の戦いでもある。負けるな。

IMG_0025

IMG_0036


IMG_0032

IMG_0033
なんとここで第2エイドで食べ損ねたイノブタフランクの救済が。もちろん食べます!全部食べてこその「完走」でしょう?

IMG_0028
ほんとエイドやスタッフの皆さんにはお世話になりました。どなたも皆、人当たりがよく温かい方ばかりで食べもの以上に癒されました。

IMG_0030

IMG_0038

IMG_0039
最後までありがとうありがとう。

IMG_0046

IMG_0048

PA211108
そんなこんなでFINISH!!

IMG_0050

IMG_0051

IMG_0052
これで終わったと思った?ゴール後もおもてなしは続くんだよ。
こんな感じで初参加のライドオンすさみは終了。食べた走った(絶景を)見た!最高の1日でした。

このあと参加賞として温泉の無料入浴券や参加賞、豪華景品があたるジャンケン大会もありましたが裏方の私は早々に撤収。どこまでおもてなしは続くんだ…!

はっきり言って今まで参加したイベントで1番満足度の高いイベントでしたので来年もきっと参加します。地元住民の愛、怒涛のエイド、走りやすく景色の素晴らしい道、そんなすさみ町に興味を持った方はぜひ次回ご一緒しましょう。
このイベントをきっかけにすさみの素晴らしさに触れていただければスタッフとして関わったものとして冥利に尽きます。




---------------------------------------
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 

【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:毎週水曜日