昨年のアルプスあづみのセンチュリーライド(AACR)参加から1年。その時、すっかり春のアルプスの美しさに魅せられてしまった私たちは今年も絶対行きたい!とずいぶん前から計画を温めてきました。

2017AACRの参加レポート
【イベレポ】アルプスあづみのCR

当初計画していたのは草津あたりに温泉宿をとり国道の最高到達地点として有名な渋峠を登るというもの。昨年はイベントが主ということでかなりタイトなスケジュールで動かざるを得なかったので、今度はライドも温泉も食べ物ものんびり満喫したいという考えです。しかし、あいにく火山活動の影響や積雪などが重なり通行止めが頻発してしまったのでこの計画は中止になってしまいました。

その後、諦めきれない一部メンバーで急遽考え出したのが飛騨高山に拠点を置いて5/15に開通したばかりの乗鞍スカイラインを走ろうという今回の計画です。乗鞍岳は自転車で登れる最高地点(標高2,700m)として有名な場所で相手にとって不足はなし。(むしろ自分たちの役不足が心配なくらい。)

(実際はもう少し紆余曲折がありましたが)そんな感じで今回の乗鞍ライドが始まったのです。

IMG_8728
道中は省略して朴の木平の駐車場に到着。はじまりはここから。
乗鞍岳は自然保護のため、マイカーでの乗り入れを規制しているので、ここの無料駐車場にとめて走り出すのがセオリーになっているようです。

IMG_8731
自転車6台をバラすことなく積めていたおかげで準備はあっという間。すごいぜハイエース!

BlogPaint
天気はこれ以上ないほどに良好。みんなの気合も十分です。

IMG_8860
走り出したらさっそく乗鞍スカイラインへ

IMG_8861
スタート付近はいたって普通の峠道風。涼しげな渓流を横目にペダルを回します。

IMG_8868
序盤から10%前後の勾配がひたすら続きます。ヒルクライムとして考えるとかなりしんどい部類ですが、私たちの目的はあくまで観光をかねたポタリング。いい景色があったら脚を止めて眺めたり、写真に収めたりとのんびり進むので斜度や距離は意外と気になりませんでした。(後から振り返るとむしろ終わるのが名残惜しく感じるほどに)

IMG_8870
ひたすらどこまで続くワインディングロード。

IMG_8873

IMG_8876
少し進むと雪が残る山々が見えてきました。

IMG_8877
道の先が開けて空と山に手が届きそう。胸の中の高揚と期待感はどんどん高まっていきます。

IMG_8881
ここから本格的なスカイラインの始まり。
午前10時で既に120人ほどのサイクリストが登っていったそう。日本中のサイクリストが開通を待ち望んでいたんですね。

IMG_8902
あぁ空が蒼い

IMG_8901
絶景、あぁ絶景。

IMG_8890
「横から見ると10%どころか45%くらいに見えない?」
「三角定規で見たよ、あの角度」

IMG_8908

IMG_8911
少し登っていくと残雪が目立つようになってきました。初夏のような麓から登ってくると、まるで時間を遡っているような感覚におそわれます。

IMG_8912

IMG_8914

IMG_8924
ロードバイクだけでなくマウンテンバイクやランドナーなど各々のスタイルで登られているのが印象的。マイカー規制のおかげでたまに通るバスやタクシー以外交通はないので道を広々使えるのも嬉しいポイント。

IMG_8939

IMG_8940
ひたすら空へと続く道

IMG_8943
ふと遠くに目を向けるといつの間にか雲より高い場所にいました。

IMG_8945
大阪にいると雪をかぶった山を目にすることすら珍しいのにそんな山が目線と同じ高さに。なんて非日常

IMG_8947
頂上付近までくると森林限界に達して木が1本も無くなるので一気に視界が開けます。今までとはまったく違う、そして普段まず目にすることない景観に感動必至。

IMG_8955

IMG_8960

IMG_8961

IMG_8962
スカイラインの名の通り、空を走っているような浮遊感

IMG_8966

IMG_8970

IMG_8982

IMG_8985
遮るもののないつづら折りには大勢のサイクリストが。

IMG_8987

IMG_8990

IMG_8992
絶景に次ぐ絶景でおなかいっぱい。でもまだまだもっとだ。

IMG_8994

IMG_8996

IMG_8999

IMG_9085

IMG_9011
山頂付近の低気圧でカロリーメイトの袋がパンパンに。タイヤの空気圧なんかも気にした方がよいかもしれません。

IMG_9015
途中でスキーを楽しんでいる方々も

IMG_9017
続く温暖な日々の影響で雪は例年より少なめでした。

IMG_9024

IMG_9063
ペンギンがいてもおかしくなさそうな雰囲気の鶴ヶ池

IMG_9025

IMG_9064
ようやく?あっという間に?ゴール。山頂にはレストランや売店だけでなく宿泊施設もあります。

IMG_9066

IMG_9038
みんな思い思いのポーズで記念撮影。ちなみに自分のは撮ってません。ドライすぎたかも。

IMG_9049

IMG_9052

IMG_9056

IMG_9065

IMG_9068
自転車を置いたら足早に建物へ。この日の気温は2℃前後で風も暴風。汗ばんだ身体で立ち止まっているとたちまち凍えてしまいそうです。

IMG_9069
とにかく温かいものが食べたい!とお昼は飛騨の郷土料理「鶏(けい)ちゃん」

IMG_9070
あー生き返る!

IMG_9078
本当はもう少し頂上を楽しみたかったのですが、極寒に抗う術はなく早々に下山することに。

IMG_9079
ここ最近のライドではダントツで満足度の高いライドでした。やはり山と絶景は自転車の醍醐味ですよね。

※おまけ
IMG_8800
ちゃんと温泉宿も楽しんできました。

IMG_8851
出発前日に宿が振替になったり色々ありましたが、風情のあるとてもよい宿でした

IMG_8813


IMG_8806

IMG_8809
渓流の王様イワナ!

IMG_8845

IMG_8820
飛騨牛ステーキ!

IMG_8841
クマ鍋!
熊肉なんて生まれて初めて食べた!これがうまい。

IMG_8838
その辺で採れた草!

IMG_8821
かんぱーい!

IMG_8802
週末を利用した1泊2日の短い旅でしたが、とても濃い旅になりました。2,000m超の山々がいくつもある長野周辺ですが、乗鞍はやはり格別。7/15には松本側のエコーラインも開通予定ですし、ぜひ皆さんも登ってみてください。

今後も年に2回くらいはみんなで遠出するライドを企画していけたら、と思っています。興味のある方はスタッフまで。その時は行きたい場所なんかもぜひ教えてくださいね。

 ----------------------
K&M CYCLE
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 
 
【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:水曜日