フルクラムレーシングゼロ オーバーホールのご依頼です。

レーシングゼロはセラミックベアリングが採用されているので、グリスが劣化したり、汚れを放置したまま走行し続けるとベアリングの受けを傷つけてしまいます。
セラミックベアリングが採用されているホイールは半年位での点検をお勧めします。
手でホイールを回した時に振動や引っ掛かりを感じたり、リヤホイールのラチェット音などが大きくなってきたりしていると注意が必要です。グリスがきれていたり、塵などが入っている可能性があります。
またカンパやフルクラム、シマノなどのホイールはベアリングの玉あたりの調整も必要になります。調整出来ていないとベアリングや受けを短期間でダメにしてしまう場合もありますので注意が必要です。
どれだけ高価なホイールでも、メンテナンスを怠れば台無しになってしまいます。走行距離にはよりますが、半年~1年の間に1度オーバーホールをお勧めします。 

PB061538
PB061540
分解して洗浄していきます。

PB061541
PB061543
PB061544
PB061545
PB061548
PB061551
洗浄後、グリスアップをして組み付けていきます。

PB071552
車体だけでなく、ホイール単体のメンテナンスや、点検、調整など他店で購入された自転車でも可能です。
詳しくは店頭までお問合せください。