日泉ケーブルのご紹介です。

ヴィンテージバイクなどに使われている昔のアウターケーブルは、コイルの巻き数が多くしなやかで見た目も美しいのですが、インナーライナーが無く引きが重い所が問題でした。さらに、今ではたとえデッドストック品があったとしても非常に高価でなかなか手が出しにくくなっています。
今回ご紹介する"日泉ケーブル"は、その当時のケーブルを鉄製からステンレス製へ、そしてインナーライナー入りにし、現代的に進化させたアイテム作っています。(ちなみに生産は大阪です。)

ケーブルの種類は2種類
形状の違いで「丸線タイプ」と「平線タイプ」があります。(下の画像では左が丸線、右が平線)
違いは巻き数の多さ。巻き数が多い丸線タイプのほうがよりしなやかですが、価格も高くなっています。
image-2

◇ヴィンテージアウターケーブル(丸線):2m巻き価格1,944円(税込)ブレーキアウター用(5mm)
カラー:クリア、クリアブラック、クラシックレッド、レーザーブルー
丸線はブレーキアウター用のみ 
 image-3

◇ステンレスアウターケーブル(平線)
ブレーキ用2m巻き(5mm)¥864(税込)
シフト用2m巻き(4mm)¥1,296(税込) 
カラー:クリア、クリアブラック、クリアレッド、クリアブルー、クリアグリーン、クリアオレンジ
image-4

◇ウルトラライトケーブル 価格6,480円税込 2m(5mm)※ブレーキケーブルのみ
カラー:クリア、クリアブラック、レーザーブルー、黒、白
コイルの材質を鉄からアルミニウム合金に変更した画期的モデル。通常の鉄製アウターは115g程度ですが、アルミニウムはその約半分の55gと非常に軽量なケーブルです。 
クリアカラーはコイル部分がアルミなので、ステンレスよりもさらに綺麗なシルバーに仕上がっています。
image-9
image-8
image-7
image-6

◇リアディレイラー用スプリングアウターセット ¥2,484(イタリアンモデル)¥3,024(ジャパンモデル)
ディレイラー形状が縦と横で2種類ラインナップがあります。こちらもステンレス製、インナーライナー、アウターキャップ付きです。 60年代のカンパニョーロのオリジナル図面をそのまま復刻し、細部のクオリティアップを図っています。
P6050545

ステンレスアウターケーブルのクリアオレンジ
P6050539
P6050540

下のバイクは、
ブレーキアウター:丸線ヴィンテージアウターケーブル、
シフター:平線ステンレスアウターケーブル の組合わせで使用しています。
P6050538

よく見ないと分らない違いなので、問題なく組み合わせて使用出来ると思います。
P6050536

ディスクブレーキにヴィンテージケーブルを使用すると、メッシュホースのような見た目で高級感もあり気に入っています。メーカーの方は「10速の変速までしか試していない」とのことでしたので、今回11速SRAM FORCE1で試してみましたが、何の問題も無く使用出来ました。 
気になっていたブレーキ、シフトなどのタッチもかなり軽くなりました。 
アウター、シフト共にケーブルがしなやかなのでハンドルがフレームに当たるくらいに軽くなります。ケーブルの取り回しがきつい内装フレームや、雰囲気を変える為のアクセントとしても使えると思います。
ディスクブレーキ仕様でフルアウターのフレームはケーブルは2mでは足りない場合もあります。自分のバイクでは2セット必要でした。 
P6050537

レスポンスも良く、非常に綺麗な仕上がりなのでとても手間がかかっていると思うのですが、日本製でこの価格なのには本当に驚きです。
メンテナンスでワイヤー交換をされる際に、アウターケーブルにもこだわってみるのはいかがでしょうか。 

※おまけ※
通常のラインナップ以外にも遊び心のあるケーブルの開発もされています。
18034195_1872275469696090_5355382646728281589_n
大ヒット映画「君の名は。」にも登場した伝統工芸の組紐(くみひも)。その組紐の可能性を日々模索している京都の昇苑くみひもさんとコラボして開発した組紐ケーブルもその1つ。
17952516_1872275466362757_2723154210750786280_n
この華やかさ。
当たり前ですが全て手作業で仕上げているそうです。絶対採算あってませんよね…?
17990653_1872275496362754_8807339338441256134_o
何気に取り付けされている車体はmacchi cyclesさんのもの。幅広く活躍されている様子。

17990536_1872275499696087_835772927800983767_o


18011166_1872275503029420_1786891050488345373_n
次回のワイヤー交換の際はぜひ日泉ケーブルを選択肢に入れてみてください。