昨年末以来の活動となる「たび部」のロングライド班。ようやく暖かくなってきたのでそろそろ本格始動です。天橋立、伊勢、白川郷、渋峠など行きたいスポットは尽きないので、あとはそれを達成できる走力をつけていかねば。
さて、今回は久しぶりのロングライドということで登り坂のない平坦のコースを設定。目標は滋賀県は琵琶湖西岸の高島市でご当地グルメと観光を楽しむこと!はじめての滋賀入りなのでワクワク感といくらかの不安を抱えつつの出発となりました。
IMG_3109
まずは定番の淀川のサイクリングロードをひたすら進みます。この日は気温10℃程度でしたが、春色の日差しがふりそそぎ、体感ではすっかりオンシーズン。冬の間はあまり人を見かけることのなかったサイクリングロードもこの日は多くのローディでにぎわっています。

P2264502
サイクリングロード沿いは分かりやすい休憩スポットがないので、ついつい無理して走りすぎてしまいますよね。補給はしっかりと。

RIMG0224
枚方を出てさらにサイクリングロードを東へ。

P2264506
御幸橋を渡ったら今度は北へ向かって京都方面へ。

IMG_3111
御幸橋沿いには来月オープン予定の「さくらであい館」がほぼかたちになってました。3月末にはジャズの野外フリーライブ&カフェ、マルシェやスポーツバイクの試乗などたくさんの催しがあるようです。楽しみですね。(詳しくは後日イベントで!)

P2264518
そんなこんなで(色々すっ飛ばして)大津に到着。京都から滋賀に入る手前のちょっとした登坂と交通量の多さがやっかいだった以外は順調です。

P2264523
浜大津駅からは京阪の路面電車が走っています。こういう普段、身の回りにないものを見てると「ちょっと旅してるのかも」って実感がわきますね。

写真 2017-02-26 16 17 21
大津から少し北上すると琵琶湖が見えてきます。海のような圧倒的な広さと存在感。

P2264529
その左手には雪をかぶった比良の山々。写真では伝えきれないのが惜しいですが、自然の雄大な美しさが間近に見られました。
そして自然は美しいだけでなく厳しいもの。山からは冷たい向かい風が常に吹き下ろして来て、ライド自体はけっこうハードなものに。まだしばらくのあいだはアウターの携帯が必須ですね。このあたりで、昼どきに目的地へ到着するのは難しいと判断し、行程の変更を決定しました。

P2264533
こんなところ(民家のならぶ住宅地)にほんとにお店なんかある?とか言いながら、近場で昼休憩できそうな場所を探します。スマホってほんと便利。大好き。

IMG_3120
そしてたどり着いたのが「ぷりむろーず」さま。

P2264536

IMG_3125
とんでもなく広い庭に広い家のようなお店。

IMG_3123
見た目も味も素晴らしいランチをいただきました。サラダ、スープにメインのカレー。そのあとはデザートやコーヒー・紅茶のドリンクまで。おいしいものを食べてこそのサイクリングです。ごちそうさまでした。

P2264538

P2264544

P2264547
庭では梅の花が咲き始めていました。春はもうすぐそこ。

写真 2017-02-26 16 16 46
休憩を終え、さらに10kmほど北上してようやく目的地の1つである白鬚神社に到着。

本来の目標地点だった高島市街はまだこのしばらく先ですが、今回は時間と疲れ具合をかんがえて断念。競技やってるわけでもないので、その辺は臨機応変にいきます。少しずつステップアップしていきましょう。
P2264551

写真 2017-02-26 16 03 54

写真 2017-02-26 16 14 27
琵琶湖にうかぶ湖中大鳥居。神秘的なたたずまい…に見えるので写真ってすごいなって思いました(意味深)。

P2264550
せっかくなので記念撮影を。

IMG_3127
せっかくなのd…。
人数が足りなくなってるのはつっこんじゃダメ。

P2264568
撮影を楽しんでいるうちに西陽が差してきました。暗くなる前に帰路につきます。

BlogPaint

P2264579
来た道をもどり、ぶじ京都駅に帰り着きました。あとは輪行でそのまま自宅へ帰るだけ(僕以外)。お疲れさまでした。

たび部ロングライド班はこれからもどんどん長距離サイクリングに繰り出します。興味のある方はぜひ気軽にご参加ください。一緒に自転車を通じた楽しい体験を探しましょう。

【今回のリザルト】

往復で約150km、キツイのぼりはほとんどなしのコースでした。
※僕だけ自走で大阪まで帰ってきたのでプラス50kmになってます。

〜Today's Pick Up〜
今回のたびは往路の距離をかせぐため帰りは輪行を想定していきました。輪行グッズを用意しておけば帰りの時間をあまり気にしなくていいので、より遠くまで行くことが出来ます。
ただ、荷物はどうしても増えてしまうので自転車に持たせる大型のバッグがあると心強いです。ロングライドで背中に大きなバッグを背負うのはかなりしんどい(体験談)。

P2264503
APDURA サドルバッグ(コンパクト)
→バイクパッキングの立役者。迷ったらコレ選んでおけば後悔することはほぼないかも。

IMG_3112
APDURA フレームバッグ(スモール)
→荷物多い少ないに関わらず、とにかく使い勝手がいいのがフレームバッグ。携帯や財布、補給食や輪行グッズなんでも入れられてスグ取り出せる優等生。
P2264519
FAIR WEATHER フレームバッグ
→街にも映えるシャレたデザインの日本ブランド。丁寧なものづくりは国産ならでは。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところ。

------------------------------
K&M CYCLE
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 
 
【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:毎週水曜日