前回の入荷につづき、TOPEAKのバイクパッキングシリーズから待望のサドルバッグが入荷してきました。
IMG_9251
TOPEAK バックローダー6リットル ¥6,600(税別)

IMG_9318
TOPEAK バックローダー10リットル ¥7,700(税別)
 

IMG_9254
おなじみの黒地に黄色のメーカータグは安心と信頼のあかし。大型サドルバッグになってもその圧倒的コストパフォーマンスは変わらずです。なんと他メーカーの半分ほどの値段でなかなかのクオリティに仕上げてきました。

IMG_9258


IMG_9273
撥水性をそなえた軽い生地。うっすらと見えるハニカム構造(ハチの巣模様)の柄がアクセント。

IMG_9270

IMG_9305
バッグ自体は撥水(少量の水をはじくが浸水はする)ですが、付属のドライバッグは完全防水。雨の日は大切なものをこの中に入れておけば濡れる心配もありません。

IMG_9341


IMG_9307
ドライバッグにはエアリリースボタン付き。かさばる荷物を圧縮してコンパクトに収納可能です。

IMG_9239
取り付けてみるとこんな感じ。細身のクロモリでも違和感なくコーディネート可能です。シンプルなブラックは合わせる車体を選びませんね。

IMG_9293
ロール下部にはライト用のマウントを装備。

IMG_9279
荷物が多い時でもきちんとリアライトを装備、機能させることができます。

IMG_9278
6リットルモデルの最大拡張時はこんな感じ。かなりの収納力を誇ります。

IMG_9286

IMG_9333
10リットルではここまで大きくなります。テントや寝袋を積んでのアドベンチャーライドまでカバーしてくれる頼もしさです。

IMG_9338


P2170005
さらにロングライドになる場合は同シリーズのトップローダーの併用もオススメです。

P2170011
TOPEAK トップローダー ¥3,300(税別)

ハンドル付近に取り付けるので乗車しながらでも気軽にアクセスが可能。スマホや財布、食料やカメラなどすぐに取り出したいものを入れておけるのでとても快適です。

P2170007
ロングライドでは予備のバッテリーを忍ばせておくのにも大活躍。

P2170008
そのままサイコンやライトにつなげて充電可能。ハンドルとの距離も近いのでケーブル類もほとんど邪魔になりません。

P2170012

P2170003

IMG_9242
バイクパッキングはもともと海外でマウンテンバイクとミニマムキャンプが合わさって大流行した冒険のスタイルです。ところが日本はほとんどの道が舗装され、あちこちにコンビニがあって補給もかんたんに出来る状況ですので冒険と呼ぶようなライドに出る機会はほとんどないでしょう。それでも僕はこのスタイルが、もっと気軽で楽しい日本ならではの様式に進化して広く受け入れられていくだろうと思っています。まずはフレームバッグ(TOPEAKならミッドローダー)から試してみてください。きっとこのスタイルの魅力が分かるハズ。

TOPEAKのグッズは"ONLINE STORE"からもご購入いただけます。

その他のブランドのバイクパッキンググッズ
 →「APIDURA
 →「FAIR WEATHER

------------------------------
K&M CYCLE
【南船場店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:06−7182−2721
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:なし 
 
【堺 上野芝店】
営業時間:11:00 〜 20:00
TEL:072-247-9914
e-mail:kandmcycle4@gmail.com
定休日:毎週水曜日